齋藤慎也 山田式勉強法

サイトマップ

最短で合格する方法



資格試験の定番
「宅地建物取引主任者資格試験」。


受験資格は誰でも得られますが、
出題分野が多岐に及ぶため、まじめに理解して
合格するためにはかなりの時間を要します。


宅建試験に合格するための市販の参考書や
通信教育のテキストを使った勉強法で、
勉強期間を短縮することはそう簡単なことではありません。


通信教育や専門学校のカリキュラムをもってしても、
やはり250時間程度の期間が必要となります。


しかし、目的は「試験に合格すること」で、
「内容を完全に理解すること」ではありません。



宅建試験の合格ラインは35〜40点、
つまり、7〜8割の正解率で合格できるのです。


すなわち、50点満点中50点満点を
取るための参考書は必要ありません。


宅建の試験問題にしても、
毎年毎年すべての問題を一新するということはしません。


ここがポイントです。


齋藤慎也の宅建試験にわずか60日で合格する
山田式勉強法は、「宅地建物取引主任者資格試験」の
特性を踏まえて、最短で合格する方法です。


この中には、人間の特性である「忘却性」に
ついても考慮されており、如何に限られ時間と
記憶の中で合格できるか
についてまとめてある
一冊となっています。


詳細はこちら


「齋藤慎也の宅建試験にわずか60日で合格する山田式勉強法の内容」について

人間の特性である「忘却性」についても考慮されており、如何に限られ時間と記憶の中で合格できるかについてまとめてある一冊となっています。

EV