川村明宏 ジニアススタディー

サイトマップ

自分の脳が活性化したからこその学習


試験勉強で必要なものとは何でしょうか?


才能?

根気?

努力?


才能があれば要領よく勉強して合格でき、

根気で何度も同じ問題を反復して
ひたすらノートに書き写して合格でき、

またそれと同じくして寝る間も惜しんで
努力することが試験勉強には必要なのでしょうか?



いいえ、それは脳をキチンと使っていない勉強法なんです。


人気DSソフト「右脳を鍛える」の製作者
<川村明宏>のジニアススタディーとは、

ただ速読するとか、
ただ読みとるとかそういうものではありません。


「記憶して、見て、聞いて、書いて、話す」
ということを同時にこなし、
今までの学習速度が16倍になるというものなのです。


16倍というのもだけれども、
「記憶して、見て、聞いて、書いて、話す」を
同時にすることなんて本当にできるのだろうか?


勿論、そう胡散臭いと思う方も中に入ると思いますが、
ではこう考えたらいかがでしょう。


自宅で映画を見ながら
携帯にきた友人からのメールに答えていたり、

洗濯物をたたみながら
イヤホンで聞いていた音楽を口ずさんだり…。


何気ない動作ではありますがそれだって
「動作をしながら、聞く(見る)」ということになりませんか?


ジニアススタディーでは
「記憶して、見て、聞いて、書いて、話す」といった
能力をまずはじめに最大値まで引き出して、

その後に複数の作業を同時にこなすという事を
効果的に使い「書くだけ」「読むだけ」ではなく
「高速で書いて読む」と自分の脳が活性化したからこその学習をします。


これが川村明宏のジニアススタディーが支持される所以なのです。


公式HPはこちら

「川村明宏のジニアススタディーの内容」について

複数の作業を同時にこなすという事を効果的に使い「書くだけ」「読むだけ」ではなく「高速で書いて読む」と自分の脳が活性化したからこその学習

EV