速読術 ランキング

サイトマップ

受験や情報収集で大きなスキル


500ページある本を10分間で読んでしまう!

本をペラペラとめくるだけで内容を把握してしまう!



など速読術をマスターすることが出来れば
大量の情報をいつでも手に入れることが
できるようになります。


以前の速読術は、習得が難しく
早く読めるようになったとしても
理解や記憶ができていないということが
多かったようですが、


最近の速読術は、左脳をうまく活用することで
理解や記憶のスピードをアップさせることや、
パソコンを使った簡単なトレーニング
習得できますのでとても身近なものになってきました。


速読は、受験や情報収集で大きなスキルとなります。


速読術を身につけることで人生が変わった人も
少なくないのではないでしょうか。


速読術の家庭学習教材ランキングでは、
おすすめの速読術を紹介していますので
参考にしてみてください。


吉岡節夫のドクターブレイン

ノーストレス勉強法ドクターブレインは、
一般的に言われている右脳を活性化して速読
をするだけではなく、左脳にも刺激を与え
脳全体を活性化させる
速読術です。

脳全体を活性化させることで
ただ早く読むだけでなく
理解スピード、記憶定着力も5倍
上げてしまいます。

川村明宏のジニアス速読術

分厚い参考書もたったの20分で読めるように
なる速読術で数々の特許を元にしたトレーニングを
行うだけで読むスピードと理解するスピードを
アップ
することができますので、

すぐにでも読書スピードをアップできます。

試験に役立つ左脳型速読術

受験やビジネス書、語学、などの習得に効果の
ある速読術で日本人に向いていない右脳を使った
速読
ではなく、左脳をうまく活用し、

内容をすばやく把握し、インプットすることに
重点
を置きスキマ時間に学習するだけで
読書スピードを5倍から10倍に
アップすることができます。

「速読術の家庭学習教材ランキング」について

左脳をうまく活用することで理解や記憶のスピードをアップさせることや、パソコンを使った簡単なトレーニングで習得できます。

EV