大学受験 家庭学習教材 ランキング

サイトマップ

高校受験の勉強法と大学受験の勉強法は違います!

中学生から高校生になるのと同じころに
脳が変わる
ということは聞いたことがあるでしょうか?


中学生のころは成績が良かったけど
高校に入ってから成績が下がってしまった…

という話は少なくありません。


これは、高校に入ると勉強の内容が難しくなるということも
あるかもしれませんが、脳が変わることも大きな原因の一つです。


人間の記憶力の中で知識を記憶する能力は
15才ぐらいを境に徐々に落ちていくことになります。


大人の方はわかると思いますが、
15歳くらいまでに覚えた知識というのは
大人になってからも早々忘れるものではありません。


しかし、高校に入るころになると
この単純に知識を記憶する
ということが難しくなってきます。



なので、中学のころ成績が良かった人も、
高校生になってから同じ勉強法をしていては、
記憶力が下がってしまったと感じてしまうかもしれません。


大学受験でより高い偏差値の大学に合格したい場合には
中学生のころとは違う記憶方法をする必要があります。


高校になると記憶力が下がるわけではなく、
ただ単純に知識を記憶する記憶力が下がるだけで
記憶力自体は下がっているわけではありません。


逆に経験したことや理解していることに対しての
記憶力は中学生のころより高くなっていきます。


もしもあなたが大学受験を目指していて、

前よりも勉強ができなくなった…

もっと効率よく勉強がしたい!

と思っているのであれば、
まずは大学受験に合わせた勉強法を
学ぶことをオススメします。


大学受験の家庭学習教材ランキングでは、
大学受験のための勉強法や教材をランキングで
紹介させていただきましたのでぜひ参考にしてみてください。



現役医学部生の大学受験勉強法マニュアル

現役医学部生の大学受験勉強法マニュアルは作者の大平俊介さんが、効率の良い正しい勉強法とは何かということを知ってもらい、成績を上げ、憧れの志望校に合格してほしいと思ったから作られたマニュアルです。

逆転合格の極意

「松平勝男の逆転合格の極意」は、試験までのスケジューリングテクニックや合格への最適ルートなど、試験を合格するための驚きの方法が数多く記されている大学受験の勉強法の教材です。

受験の方程式

受験の方程式は受験の神様として有名な和田秀樹さんが作ったマニュアルで登校拒否であり、学校へまともに通うことすらできていなかった子供を東大に現役合格させたという実績のある教材です。

「大学受験の家庭学習教材ランキング」について

中学生のころは優秀でも高校に入ったころから暗記科目が苦手になってしまったり、授業についていけなくなり、大学受験に失敗してしまう学生も少なくありません。
高校に入ったころから脳の機能が変わってくるのでそれに合わせた勉強方法が必要になります。

EV